鉄道案内

千歳線の運賃・路線図・時刻表


千歳線とは

千歳線とは、JR北海道が運行している鉄道路線の一つで、南千歳駅から新千歳空港駅まで及び札幌駅から苫小牧駅までの73.8キロメートルを走っており、この間の駅数は18駅ほどあります。


目次
千歳線とは
千歳線の運賃
千歳線の路線図と時刻表



千歳線の運賃

JR各線の大人(原則として12歳以上)の普通運賃は次の表のとおりで、距離に応じて金額が決まっています。小児の場合は大人の料金の半額(5円の端数は切り捨て)になります。
ただし、JRの場合は他の私鉄各線とは違って運賃体系が複雑で、普通運賃の場合、JR東日本・JR東海・JR西日本(本州3社)と、JR北海道・JR四国・JR九州の各社でそれぞれ異なります。2つ以上の旅客鉄道会社にまたがって利用する場合は通しで計算し、この場合は「基準額」のほかに「加算額」が発生することがあります。


注意 以下の運賃表は令和元年(2019年)10月からの消費税率引上げにともなう改正後の運賃を表示しています。


JR北海道の幹線の普通運賃表
営業キロ
(運賃計算キロ)
片道運賃
(基準額)
1キロから3キロ200円
4キロから6キロ250円
7キロから10キロ290円
11キロから15キロ340円
16キロから20キロ440円
21キロから25キロ540円
26キロから30キロ640円
31キロから35キロ750円
36キロから40キロ860円
41キロから45キロ970円
46キロから50キロ1,130円
51キロから60キロ1,290円
61キロから70キロ1,490円
71キロから80キロ1,680円
81キロから90キロ1,890円
91キロから100キロ2,100円

JR北海道の地方交通線の普通運賃表
営業キロ
(運賃計算キロ)
片道運賃
(基準額)
1キロから3キロ200円
4キロから6キロ250円
7キロから10キロ300円
11キロから15キロ340円
16キロから20キロ440円
21キロから23キロ540円
24キロから28キロ640円
29キロから32キロ750円
33キロから37キロ860円
38キロから41キロ970円
42キロから46キロ1,130円
47キロから55キロ1,290円
56キロから64キロ1,490円
65キロから73キロ1,680円
74キロから82キロ1,890円
83キロから91キロ2,100円
92キロから100キロ2,320円

千歳線の路線図と時刻表

千歳線の路線図や時刻表は、ダイヤ改定に合わせて定期的に出版されている「JTB時刻表」などの市販の時刻表から調べることができます。
その他、JR東日本公式ホームページにパソコン・スマートフォン・タブレット端末からアクセスして、時刻表や路線図を調べることもできます。公式ホームページへのリンクは次のとおりです。

北海道旅客鉄道株式会社

大人の休日倶楽部

大人の休日倶楽部には、年齢により「大人の休日倶楽部ミドル」もしくは「大人の休日倶楽部ジパング」に申し込みができます。「大人の休日倶楽部ミドル」の入会可能年齢は、男性が満50歳から64歳まで、女性が満50歳から59歳までとなっており、年会費は2,624円(2019年10月消費税増税後の価格)で初年度年会費は無料です。これには倶楽部そのものの年会費とカード年会費が含まれます。JR東日本とJR北海道のきっぷが何回でも5パーセント割引になる特典が付いています。「大人の休日倶楽部ジパング」の入会可能年齢は、男性が満65歳以上、女性が満60歳以上となっており、夫婦の場合にはどちらかが満65歳以上であれば、両方ともそろって「夫婦会員」に申し込みができます。年会費は個人会員が4,364円(消費税増税後)、夫婦会員が7,458円(消費税増税後)です。JR東日本とJR北海道のきっぷが何回でも30パーセント割引の特典が付いています。


列車の遅延・運休

JR管内で列車の遅延・運休があった場合には、駅係員へ申し出をすれば、遅延や運休の証明書が発行されます。なお、JR北海道の公式ホームページのなかには、「Kitacaエリア列車運転状況」をインターネットから閲覧できる試験的なサービスが提供されていますので、リアルタイムでの列車の遅延などの情報をここから確認することも可能です。提供時間は5時から25時までで、Kitacaエリア内の各駅を発着する列車の5分以上の列車遅延情報または運休情報について掲載されます。



 





↑ ページの最初に戻る