鉄道案内

鹿児島本線の運賃・路線図・時刻表


鹿児島本線とは

鹿児島本線とは、JR九州が運行している、門司港駅から八代駅まで、および川内駅から鹿児島駅までの区間を結んで走っている路線のことです。この区間の営業キロ数は、前者が232.3キロメートル、後者が49.3キロメートルほどとなっています。
JR九州は、九州地方を中心に鉄道路線を持つJRグループの会社で、本社は福岡県福岡市にあります。JRグループ内でのコーポレートカラーは赤色となっています。

目次
鹿児島本線とは
鹿児島本線の運賃
鹿児島本線の路線図と時刻表



鹿児島本線の運賃

JR九州各線の大人(原則として12歳以上)の普通運賃は次の表のとおりで、距離に応じて金額が決まっています。小児の場合は大人の料金の半額(5円の端数は切り捨て)になります。
ただし、JR各社は同じグループとはいっても運賃体系がそれぞれ異なっています。2つ以上の旅客鉄道会社にまたがって利用する場合は通しで計算し、この場合は「基準額」のほかに「加算額」が発生することがあります。
幹線を利用する場合、地方交通線のみを利用する場合、福岡近郊区間のみを利用する場合、特定の都区市内駅(福岡市内・北九州市内の駅)を発着する場合などを比較しても、それぞれ運賃体系が異なります。


注意 以下の運賃表は令和元年(2019年)10月からの消費税率引上げにともなう改正後の運賃を表示しています。


JR九州内の普通運賃表
営業キロ 片道運賃
1から3キロ 170円
4から6キロ 210円
7から10キロ 230円
11から15キロ 280円
16から20キロ 380円
21から25キロ 480円
26から30キロ 570円
31から35キロ 660円
36から40キロ 760円
41から45キロ 860円
46から50キロ 950円
51から60キロ 1,130円
61から70キロ 1,310円
71から80キロ 1,500円
81から90キロ 1,680円
91から100キロ 1,850円

鹿児島本線の路線図と時刻表

鹿児島本線の路線図や時刻表は、ダイヤ改定に合わせて定期的に出版されている「JTB時刻表」などの市販の時刻表から調べることができます。
その他、JR九州の公式ホームページにパソコン・スマートフォン・タブレット端末からアクセスして、時刻表や路線図を調べることもできます。公式ホームページへのリンクは次のとおりです。

JR九州公式ホームページ


旅行の記念に切符を持ち帰れるか

使用後の乗車券類は原則的にJRの各駅で回収していますが、記念に持ち帰りたい旨の申し出があれば、券面に「使用済」「無効」の押印等の証明を行い、穴を開けてから、渡してもらうことは可能です。ただし、手書きの乗車券類・定期乗車券・団体乗車券等の乗車券類は対象外となります。


ぐるっと九州きっぷ

ぐるっと九州きっぷは、JR九州全線の普通・快速列車の普通車自由席に、連続した3日間乗り放題となるきっぷです。別に特急券を購入しておくと、九州新幹線、特急列車も利用できます。このきっぷは当日購入も可能ですが、利用期間と発売期間がそれぞれ限定されています。JR九州インターネット列車予約、またはJR九州の主な駅、九州内の主な旅行会社等で発売しており、発売開始は利用開始日の1か月前からです。ただし、インターネット列車予約でコンビニエンスストア・銀行ATM・駅での支払いを選択した場合は、利用開始日の2日前の22時30までの予約・支払いが必要です。各種割引証による割引等、他の割引(eきっぷ、特急料金回数券は除きます)との重複適用による割引の取扱いはできません。


JR九州のモバイル専用アプリ

JR九州では、JR九州管内のインターネット列車予約をメインにしたスマホ用のアプリ「JR九州アプリ」を無料でダウンロードできるサービスを行っています。このアプリは公式ホームページのなかにあるリンクを通じて「App Store」または「Google Play」のどちらかからダウンロードすることが可能です。
アプリが持っている便利な機能としては、機能などがあります。



 






↑ ページの最初に戻る