鉄道案内

常滑線の運賃・路線図・時刻表

広告


常滑線とは

常滑線とは、愛知県・岐阜県の両県にわたり鉄道事業を展開する大手私鉄の名古屋鉄道(名鉄)が運行している鉄道路線の一つで、神宮前駅から常滑駅までの29.3キロメートルを走っており、この区間の駅数は22か所となっています。駅番号などを表す際に用いられる路線記号は空港線とともに「TA」なので、路線図や案内板ではこの記号が目印になります。


目次
常滑線とは
常滑線の運賃
常滑線の路線図と時刻表


広告


常滑線の運賃

名鉄各線の大人(原則として12歳以上)の普通旅客運賃は次表のとおりで、通常は距離に応じて金額が決まっています(対キロ区間制)。小児の場合は大人の料金の半額(端数は切り上げて10円単位)になります。
ただし、新線開業の設備投資にかかるコスト回収を図るため、知多新線・羽島線・豊田線・空港線を利用する場合は加算運賃として、一般的な普通運賃のほかに、それぞれ20円から80円までの範囲の金額が追加されます。また、金山駅から名鉄一宮駅までの区間などの一部区間では特定運賃が適用されます。


つぎの運賃表は2024年3月16日改定後の運賃を表示しています。


片道普通旅客運賃表
営業キロ普通運賃
1~3180円
4210円
5~7250円
8270円
9~12330円
13~16400円
17~20460円
21~24510円
25~28570円
29~32630円
33~36690円
37~40750円
41~44830円
45~48900円
49~52980円
53~561050円
57~601120円
61~641190円
65~681270円
69~721320円
73~761380円
77~801430円
81~851500円
86~901550円
91~951610円
96~1001670円
101~1101760円
111~1201860円
121~1301950円
131~1432050円

特定運賃表
区間普通運賃
金山駅から名鉄一宮駅まで460円
名鉄名古屋駅から名鉄一宮駅まで400円
名鉄一宮駅から名鉄岐阜駅まで330円
新木曽川駅から名鉄岐阜駅まで250円

常滑線の路線図と時刻表

常滑線の路線図や時刻表は、ダイヤ改定に合わせて定期的に出版されている市販の時刻表から調べることができます。
その他、パソコン・スマートフォン・タブレット端末からアクセスして、名古屋鉄道の公式ホームページの「ダイヤ・運賃」または「時刻表」の検索機能を使って時刻表や路線図などを調べることもできます。公式ホームページへのリンクは次のとおりです。

名古屋鉄道株式会社


お伊勢さんきっぷ

「お伊勢さんきっぷ」は、名鉄・近鉄・三重交通バスがセットになった、伊勢神宮への参宮のための特別なきっぷです。発売箇所は、名鉄出札係員配置駅及び名鉄名古屋駅サービスセンターとなっています。内容としては、名鉄各駅から名鉄名古屋駅間の名鉄線往復割引乗車券、近鉄線の近鉄名古屋駅からフリー区間(松阪~賢島間)までの往復割引乗車券・特急券、三重交通バスの指定区間の2日間乗り放題、レンタカー利用30パーセント割引、おみやげ店での割引・特典などから成り立っています。バスは外宮内宮線、伊勢市内線 (伊勢市駅前~浦田町)、CANばすなどが対象に含まれます。


スマホ用の名鉄公式アプリ

名古屋鉄道では、名鉄の駅の情報をチェックする以外にもさまざまな機能が満載されたスマホ用の公式アプリ「名鉄Touch」を無料でダウンロードできるサービスを行っています。このアプリは公式ウェブサイトのなかにあるリンクを通じて「App Store」または「Google Play」のどちらかから手元のスマートフォンにダウンロードすることが可能です。
アプリが持っている便利な機能としては、名鉄の駅の時刻表や設備を確認することができ、駅周辺マップやμstar manaca(ミュースター マナカ)加盟店も検索可能な「マイ乗降駅」機能などがあります。


広告


 




広告


↑ ページの最初に戻る