鉄道案内

小田原線の運賃・路線図・時刻表


小田原線とは

小田原線とは、東京都から神奈川県にかけて鉄道路線を有している大手私鉄の小田急電鉄が運行している鉄道路線の一つで、新宿駅から小田原駅までの82.5キロメートルを走っており、この間の駅数は47駅ほどあります。駅番号などを表す際に用いられる路線記号は「OH」なので、広域の路線図や案内板ではこの記号が目印になります。


目次
小田原線とは
小田原線の運賃
小田原線の路線図と時刻表



小田原線の運賃

小田急電鉄各線の大人(原則として12歳以上)の普通旅客運賃は次の運賃表のとおりで、通常は距離に応じて金額が決まっています。小児の場合は大人の料金の半額(ただし、10円未満の端数は10円単位に切り上げ)になります。
ICカード乗車券を利用する場合は、端数処理の関係からこの表の料金よりも一般には1円単位で若干安い金額となりますが、端数がないため同額のこともあります。


つぎの運賃表は令和元年(2019年)10月1日の消費税率引上げ後の運賃を表示しています。


片道普通旅客運賃表
営業キロ普通運賃
初乗り3キロ130円
4キロから6キロ160円
7キロから9キロ190円
10キロから13キロ220円
14キロから17キロ260円
18キロから21キロ290円
22キロから25キロ320円
26キロから29キロ350円
30キロから33キロ380円
34キロから37キロ420円
38キロから41キロ470円
42キロから46キロ510円
47キロから51キロ550円
52キロから56キロ600円
57キロから61キロ640円
62キロから66キロ690円
67キロから71キロ740円
72キロから76キロ790円
77キロから81キロ840円
82キロから83キロ900円

小田原線の路線図と時刻表

小田原線の路線図や時刻表は、ダイヤ改定に合わせて定期的に出版されている市販の時刻表から調べることができます。
その他、パソコン・スマートフォンからアクセスして、小田急電鉄公式ホームページの「駅・時刻表」または「路線図」ボタンをクリックして時刻表や路線図などを調べることもできます。公式ホームページへのリンクは次のとおりです。

小田急電鉄株式会社


自動券売機での読み取り不良

交通系ICカードは自動改札機の読取り部(青く光った面)に確実にタッチしないと、正しい情報が入力されないことがありますので、約1秒ほどタッチすることが必要です。しっかりタッチをしなかった場合には、有効な交通系ICカードを持っているのに改札機の扉が閉まったり、乗車経路とは異なる経路の運賃が減額されたりすることがあります。


ロマンスカーの展望席・サルーン席

ロマンスカーには展望席・サルーン席といった特別な座席が用意されています。展望席は列車の最前部と最後部にあり、7000形(LSE)はそれぞれ12席、50000形(VSE)、70000形(GSE)はそれぞれ16席ずつとなっています。展望席は特別料金なしで運賃と特急料金だけで利用が可能ですが、確実に座るためには早めに予約をしておくことが必要です。サルーン席は、50000形(VSE)車両の3号車に設置され、ボックス席(向い合わせの4名席)ごとに仕切られた座席が3ボックス、12名分確保されています。


小田急電鉄のスマホアプリ「小田急アプリ」

小田急電鉄では、運行情報をはじめとするさまざまな機能をスマートフォンでも閲覧できるようにするための公式アプリ「小田急アプリ」を無料で配信しています。
「小田急アプリ」で検索して、OSにあわせてiPhone版はApp Storeから、Android版はGoogle Playから、それぞれ無料ダウンロードして手元のスマホにインストールすることが可能です。
こちらのアプリが持っている便利な機能としては、リアルタイムで列車の走行位置が表示されとともに、直近の列車の発車時刻や途中駅での接続情報なども簡単にチェックできる「リアルタイム運行情報」機能などがあります。



 





↑ ページの最初に戻る