鉄道案内

拝島線の運賃・路線図・時刻表


拝島線とは

拝島線とは、東京都から埼玉県にかけての鉄道路線を有する大手私鉄の西武鉄道株式会社が運行している鉄道路線の一つで、小平駅から拝島駅までの14.3キロメートルを走っています。駅番号などを表す際に用いられる路線記号は「SS」なので、広域の路線図や案内板ではこの記号が目印になります。


目次
拝島線とは
拝島線の運賃
拝島線の路線図と時刻表



拝島線の運賃

西武鉄道各線の大人(原則として12歳以上)の普通旅客運賃は次の運賃表のとおりで、通常は距離に応じて金額が決まっています。小児の場合は大人の料金の半額(ただし、10円未満の端数は10円単位に切り上げ)になります。
ICカード乗車券を利用する場合は、端数処理の関係からこの表の料金よりも一般には1円単位で若干安い金額となりますが、端数がないため同額のこともあります。


この運賃表は2023年3月18日から実施される鉄道駅バリアフリー料金を加算した後の改定運賃を表示しています。


片道普通旅客運賃表
営業キロ普通運賃
1キロから4キロ160円
5キロから8キロ190円
9キロから12キロ220円
13キロから16キロ260円
17キロから20キロ290円
21キロから24キロ320円
25キロから28キロ360円
29キロから32キロ390円
33キロから36キロ420円
37キロから40キロ450円
41キロから44キロ490円
45キロから48キロ520円
49キロから52キロ550円
53キロから56キロ580円
57キロから60キロ620円
61キロから64キロ650円
65キロから68キロ700円
69キロから72キロ730円
73キロから76キロ770円
77キロから81キロ800円

拝島線の路線図と時刻表

拝島線の路線図や時刻表は、ダイヤ改定に合わせて定期的に出版されている市販の時刻表から調べることができます。
その他、パソコン・スマートフォン・タブレット端末からアクセスして、西武鉄道公式ホームページの「電車・駅のご案内」から「路線図・停車駅」または「時刻表」ボタンをクリックして時刻表や路線図などを調べることもできます。公式ホームページへのリンクは次のとおりです。

西武鉄道株式会社


回数乗車券

回数券の種類としては、普通回数乗車券、時差回数乗車券、土・駅休日割引回数乗車券があります。普通回数乗車券は11枚綴りで普通旅客運賃の10倍の料金で販売されています。時差回数乗車券は大人のみですが、平日は10時から16時まで、土曜日・休日と12月30日から1月3日日までは終日利用することができ、12枚綴りで料金は普通旅客運賃の10倍です。土・休日割引回数乗車券も大人のみで、土曜・休日と12月30日から1月3日について終日利用ができ、14枚綴りで普通旅客運賃の10倍の料金です。いずれも発売当日から有効で、有効期間は発売日から3ヵ月間となっています。


忘れ物をしたとき

車内または駅構内で忘れ物をした場合は、近くの駅係員、または西武鉄道お客さまセンターに問い合わせをします。その際には品名・形状・色・内容などの忘れ物の特徴、忘れ物をした日時または乗車駅、忘れ物をした場所、特に車内での忘れ物であれば乗車位置と網棚・座席の区別などを知らせることが重要です。駅では保管期間がありますので、保管期間満了後は、食品などを除いて警察へ送付されてしまいます。西武鉄道お客さまセンターの電話番号は(04)2996-2888で、音声ガイダンスの案内にしたがいメニューを選択します。営業時間は平日9時から19時、土曜日と休日は9時から17時で、12月30日から翌年1月3日までを除きます。


西武鉄道のスマホアプリ「西武線アプリ」

西武鉄道では、運行情報をはじめとするさまざまな機能をスマートフォンでも閲覧できるようにするための公式アプリ「西武線アプリ」を無料で配信しています。
「西武線アプリ」で検索して、OSにあわせてiPhone版はApp Storeから、Android版はGoogle Playから、それぞれ無料ダウンロードして手元のスマホにインストールすることが可能です。
こちらのアプリが持っている便利な機能としては、池袋線・秩父線の特急電車の一部に乗車している場合に限り、降りたい駅を設定すると、駅に到着する前にプッシュ通知で知らせてくれる「降車駅お知らせ」機能などがあります。



 





↑ ページの最初に戻る