鉄道案内

東武宇都宮線の運賃・路線図・時刻表


東武宇都宮線とは

東武宇都宮線とは、東京都・埼玉県・千葉県・栃木県・群馬県の1都4県で鉄道路線を有する大手私鉄の東武鉄道が運行している鉄道路線の一つで、新栃木駅から東武宇都宮駅までの24.3キロメートルを走っており、この区間の駅数は10か所となっています。駅番号などを表す際に用いられる路線記号は「TN」なので、路線図や案内板ではこの記号が目印になります。


目次
東武宇都宮線とは
東武宇都宮線の運賃
東武宇都宮線の路線図と時刻表



東武宇都宮線の運賃

東武鉄道各線の大人(原則として12歳以上)の普通旅客運賃は次表のとおりで、通常は距離に応じて金額が決まっています(対キロ区間制)。小児の場合は大人の料金の半額(端数は切り上げて10円単位)になります。
ただし、ICカード乗車券を利用する場合は、端数処理の関係からこの表の料金よりも一般には1円単位で若干安い金額となります。


下記の東武鉄道運賃表は2023年3月18日から加算される鉄道駅バリアフリー料金を含む改定後の運賃を表示しています。


片道普通旅客運賃表
営業キロ普通運賃
1キロから4キロ160円
5キロから7キロ180円
8キロから10キロ210円
11キロから15キロ270円
16キロから20キロ330円
21キロから25キロ380円
26キロから30キロ430円
31キロから35キロ490円
36キロから40キロ540円
41キロから45キロ610円
46キロから50キロ670円
51キロから60キロ750円
61キロから70キロ830円
71キロから80キロ920円
81キロから90キロ1,000円
91キロから100キロ1,090円
101キロから120キロ1,230円
121キロから140キロ1,400円
141キロから178キロ1,590円

東武宇都宮線の路線図と時刻表

東武宇都宮線の路線図や時刻表は、ダイヤ改定に合わせて定期的に出版されている市販の時刻表から調べることができます。
その他、パソコン・スマートフォン・タブレット端末からアクセスして、東武鉄道公式ホームページの「乗換・運賃を検索する」または「駅時刻表を検索する」ボタンをクリックして時刻表や路線図などを調べることもできます。なお、これらの検索機能は外部サイトにあたる「NAVITIME(ナビタイム)」のものを利用しています。公式ホームページへのリンクは次のとおりです。

東武鉄道株式会社


東京スカイツリー周辺散策フリーきっぷ

「東京スカイツリー周辺散策フリーきっぷ」は、浅草、亀戸、向島などの下町散策が快適になる切符で、通年で販売されています。発駅から北千住間の往復と、フリー区間乗車券がセットになっています。フリー区間は浅草から北千住、曳舟から押上間、曳舟から亀戸間で乗り降り自由です。一部を除く東武線各駅の駅窓口や東武線主要駅の定期券発売機能付自動券売機で販売しています。なお、特急を利用する場合は特急券を、SL「大樹」を利用する場合はSL座席指定券を別途購入することが必要です。


普通乗車券の学生割引を受けるには

普通乗車券にも学生割引制度はあります。片道の営業キロが100キロメートルを超える区間を利用する場合に、普通旅客運賃の2割引で乗車券を発売しています。割引で算出された1円単位のは数は10円単位へ切り上げます。学生割引を適用するには、指定学校で交付された学校学生生徒旅客運賃割引証が必要になります。旅客運賃割引証に必要事項を記入し、駅窓口に提出のうえ乗車券を購入しますが、旅客運賃割引証1枚について、1人1回限りの発売となります。特急列車に乗車する際には、別途特急券の購入が必要です。


スマホ用の公式アプリ

東武鉄道では、運行情報をはじめとするさまざまな機能が満載されたスマホ用の公式アプリ「東武線アプリ」を無料でダウンロードできるサービスを行っています。このアプリは公式ウェブサイトのなかにあるリンクを通じて「App Store」または「Google Play」のどちらかから手元のスマートフォンにダウンロードすることが可能です。
アプリが持っている便利な機能としては、東上線・越生線について、列車の現在走行位置を表示するとともに、列車を選択することでその列車の列車種別・行き先・遅れ時分を表示できる「列車走行位置」機能などがあります。



 





↑ ページの最初に戻る