鉄道案内

半蔵門線の運賃・路線図・時刻表

半蔵門線とは

半蔵門線は、東京23区やその中心を営業エリアにしている東京メトロの地下鉄で、渋谷駅から押上駅までの16.8キロメートルを走っています。ラインカラーはパープルなので、路線図や案内板ではこのカラーが目印になります。




目次
半蔵門線とは
半蔵門線の運賃
半蔵門線の路線図と時刻表


半蔵門線の運賃

半蔵門線の大人(原則として12歳以上)の普通運賃は次の表のとおりで、距離に応じて金額が決まっています。小児の場合は大人の料金の半額になります。
ただし、きっぷで乗車する場合と、「PASMO」(パスモ)などの交通系ICカード乗車券で乗車する場合とでは、端数処理の関係から値段が異なっています


以下の運賃表は2023年3月18日以降の鉄道駅バリアフリー料金を含む改定後の運賃を表示しています。


キロ程 きっぷで乗車 ICカードで乗車
1~6キロ 180円 178円
7~11キロ 210円 209円
12~19キロ 260円 252円
20~27キロ 300円 293円
28~40キロ 330円 324円
ただし、上記によらず特殊な運賃形態を取る区間があります。
南北線 目黒~白金高輪間 180円 178円
千代田線 綾瀬~北千住間 150円 146円

半蔵門線の路線図と時刻表

半蔵門線の路線図や時刻表は、ダイヤ改定に合わせて定期的に出版されている「JTB時刻表」などの市販の時刻表から調べることができます。
その他、東京メトロ公式ホームページにパソコン・スマートフォン・タブレット端末からアクセスして、時刻表や路線図を調べることもできます。公式ホームページへのリンクは次のとおりです。

東京メトロ公式ホームページ


運賃の年齢区分

大人運賃は12歳以上、小児運賃は6歳以上12歳未満です。ただし、13歳未満の小学生には、小児運賃を適用します。ほかに運賃の年齢区分としては6歳未満の幼児と乳児があります。幼児や乳児は条件によっては無賃(運賃無料)となります。


東京メトロのモバイル専用アプリ

東京メトロでは、さまざまな機能を駆使して地下鉄をさらに乗りやすいものにするスマホ用のアプリ(iOS版、Android版)を無料でダウンロードできるサービスを行っています。このアプリは公式ホームページのなかにあるリンクを通じて「App Store」または「Google Play」のどちらかからダウンロードすることが可能です。
アプリが持っている便利な機能としては、選択している駅の構内を表示し、トイレや改札の場所を確認することができる「駅構内図」機能などがあります。



 





↑ ページの最初に戻る