鉄道案内

東急世田谷線の運賃・路線図・時刻表


東急世田谷線とは

東急世田谷線は、東京都南西部から神奈川県東部に路線を展開している東京急行電鉄が運行している鉄道(軌道)で、三軒茶屋から下高井戸までの5.0キロメートルを走っています。ラインカラーは黄色、駅番号を表す際に用いられる路線記号はSGなので、路線図や案内板ではこのカラーや記号が目印になります。


目次
東急世田谷線とは
東急世田谷線の運賃
東急世田谷線の路線図と時刻表



東急世田谷線の運賃

東急各線の大人(原則として12歳以上)の普通運賃は次表のとおりで、通常は距離に応じて金額が決まっています。小児の場合は大人の料金の半額(端数は切り上げて10円単位)になります。
ただし、こどもの国線と世田谷線は料金均一制が採用されていますので、距離にかかわらず運賃は同じです。
この運賃表はきっぷを購入した場合について適用され、交通系ICカードを利用して乗車した場合は、端数処理の関係で1円単位の料金となりますので、この運賃表よりも若干安くなるケースが多くなります。(距離によっては完全に同額の場合もあります。)


なお、以下の運賃表は2023年3月18日改定後の運賃です。


片道普通旅客運賃表
(こどもの国線・世田谷線を除く)
営業キロ普通運賃
1キロから3キロ140円
4キロから7キロ180円
8キロから11キロ230円
12キロから15キロ250円
16キロから20キロ290円
21キロから25キロ310円
26キロから30キロ350円
31キロから35キロ390円
36キロから40キロ430円
41キロから45キロ470円
46キロから50キロ500円
51キロから56キロ540円

東急新横浜線の加算運賃
東急新横浜線新横浜駅~新綱島駅間、またはこの区間と他の区間とにまたがって乗車する場合、基本運賃に70円を加算。

こどもの国線片道普通旅客運賃表
営業キロ普通運賃
均一制160円
世田谷線片道普通旅客運賃表
営業キロ普通運賃
均一制160円

東急世田谷線の路線図と時刻表

東急世田谷線の路線図や時刻表は、ダイヤ改定に合わせて定期的に出版されている「JTB時刻表」などの市販の時刻表から調べることができます。
その他、パソコン・スマートフォン・タブレット端末からアクセスして、東京急行電鉄の公式ホームページで時刻表や路線図を調べることもできます。公式ホームページへのリンクは次のとおりです。

東京急行電鉄株式会社


団体割引

同一行程を25人以上で乗車する場合は、普通運賃が割引されます。ただし、世田谷線については割引率が一部異なります。
なかでも同一行程を指定された学校の学生・生徒・児童・園児25名以上で、その学校の教職員、付添人1名以上に引率されて旅行する場合には、学生団体として申し込みができ、 学生団体割引が適用されます。学生団体割引の場合には、団体旅行申込書に学校長の証明をすることが必要です。


消費税増税と企画きっぷ

2019年10月1日からの消費税率が%から10%への引き上げに伴い、企画乗車券(おトクなきっぷ)の運賃の改定、一部の企画乗車券の発売終了、企画乗車券の名称変更などがまとめて行われています。たとえば、東急東武東上線ハイキングきっぷ、東急線&MM線&ぐるっとパスは発売が終了されましたが、2019年9月30日までに購入したものは有効期間内は利用が可能な取り扱いになっています。また、東急ワンデーオープンチケットは増税後は運賃を改定の上、東急線ワンデーパスという名称に改められました。


スマホ用の東急線アプリ

東京急行電鉄では、東急各線の運行に関する情報を提供するスマホ用のアプリ「J東急線アプリ」を無料でダウンロードできるサービスを行っています。このアプリは公式ウェブサイトのなかにあるリンクを通じて「App Store」または「Google Play」のどちらかから手元のスマートフォンにダウンロードすることが可能です。
アプリが持っている便利な機能としては、時刻表の表示といっしょにその電車の混雑度が分かるアイコンが、座れる・席はいっぱい・立って乗車できる・混んでいる・身動きできない・乗れないの6段階で表示される「混雑度アイコン」機能などがあります。



 





↑ ページの最初に戻る