転出届

引っ越しの手続き


新潟市からの転出届

新潟市から他の自治体に引っ越す場合は、引っ越しをする日前までに、新潟市役所の窓口に「転出届」を提出する必要があります。
届出をすると「転出証明書」が交付され、これが転出をしたことの公的な証明になりますので、引っ越し先の市町村役場の窓口に対し、さらに「転出証明書」を添付した上で「転入届」を提出し、手続きを完了させます。
現在住んでいる自治体の内部で引っ越しをして住所が変更となる場合には、「転出届」に代わって「転居届」を提出しますが、この場合はあらためて他の窓口に「転入届」をする必要はありません。




転出届の欄外の記載

転出届の本人が記載する事項の欄外には、窓口の担当者などが記入する欄が設けられています。
現在、転出届をはじめとする住民異動関連の書類を受理する場合には、窓口での本人確認が励行されていますので、この欄には本人確認ができた旨と本人に提示してもらった証明書の種類などの本人確認の方法が記載されるのが普通です。
また、本人確認ができなかった場合にも、その旨が記載されることになっています。


児童手当の引っ越し手続き

それまで児童手当の支給を受けていた人が、市町村の区域外に転出する場合には、児童手当の受給資格が失われることになります。
この場合には、「受給事由消滅届」を窓口に提出することが必要となります。


マイナンバーカードの特例

現在有効なマイナンバーカードを持っている人については、転入届の特例が適用されるため、「転出証明書」は発行されません。
ただし、マイナンバーカードが引っ越し先の市町村における転入の届出をする時点でも有効であることが条件です。
また、届出時にはマイナンバーカードを提示するとともに、窓口の端末でマイナンバーの4桁の暗証番号を入力することになります。
転入の届出期間が経過した場合には、やはり「転出証明書」を発行する必要があります。


新潟市役所の電話番号・所在地・ホームページ

地図が表示されるまでお待ちください。

名称 新潟市役所
所在地 〒951-8550
新潟県新潟市中央区学校町通1番町602-1
電話番号 025-228-1000
公式ホームページ http://www.city.niigata.lg.jp
備考


転出届を提出しなければならない人

新潟市役所で転出届の手続きをしなければならない人は、本人または世帯主です。
代理人が届出をする場合は本人が書いて押印した委任状を持参することが必要となります。


届出をする期間

転出届の届出期間は、転出する前(通常は受付は1か月程度前から)となっています。
自治体の内部で引っ越しをする場合の転居届の届出期間は、引っ越しをしてから14日以内です。


転出届の手続きの際に必要なもの

転出届の手続きをするにあたっては、通常は次のようなものが必要です。

  • 住民異動届書(役所の窓口にあります)
  • 印鑑(認め印)
  • 本人確認できる書類(運転免許証、パスポートなど)

その他あわせて次のようなものが必要になることがあります。

  • 通知カードまたはマイナンバーカード(国外転出の場合)
  • 印鑑登録証(持っている人のみ)
  • 住民基本台帳カード(持っている人のみ)
  • 国民健康保険証(加入者のみ)
  • 介護保険被保険者証(加入者のみ)
  • 後期高齢者医療被保険者証(加入者のみ)
  • こども医療費受給者証(受給者のみ)
  • 在留カードまたは特別永住者証明書(外国人のみ)


 





↑ ページの最初に戻る