確定申告

厳原税務署の連絡先電話番号・所在地


確定申告とは

確定申告とは、1月1日から12月31日までの1年間における所得と対応する税額を計算して、所得税および復興特別所得税の額を申告納税するか、またはすでに納め過ぎとなっている所得税および復興特別所得税の還付申告をするための手続きのことをいいます。確定申告にあたっては、サラリーマンなどの給与所得者は申告書A、その他は申告書Bなどとよばれる一定の様式の申告書にもれなく記載の上で税務署に証拠書類とともに提出します。




医療費控除の提出書類の簡素化

平成29年分の確定申告から、医療費控除を受ける場合の手続きが改正され、一部簡素化されています。
これまで必要だった「医療費の領収書」の提出又は提示が不要となり、その代わりとして「医療費控除の明細書」の提出が必要となりました。
なお「医療費の領収書」は、確定申告の際に税務署に提出する必要はないものの、5年間は自宅で保管する必要があり、疑義が生じた場合にはいつでも確認できるようにしておく必要はあります。
また所定の事項が記載された「医療費通知」(医療費のお知らせなど)を提出する場合は、明細書の記載や領収書の保管を省略することが可能です。


タブレット端末を利用した確定申告書作成の制限

タブレット端末を利用してe-Taxによる申告をしようとする場合には、パソコンの場合には利用可能だった入力データの保存などの一部の機能を利用できないことがあります。原則として、タブレット端末では所得税及び復興特別所得税の確定申告書は作成することができますが、消費税及び地方消費税、贈与税の申告書並びに決算書等の作成はできません。


厳原税務署の連絡先電話番号・所在地ほか

地図が表示されるまでお待ち下さい
Webサービス by Yahoo! JAPAN
名称 厳原税務署
署番号 10315
※ 「法定調書合計表」の右肩などに記載する税務署ごとの番号
所在地 〒817-8790
長崎県対馬市厳原町桟原38
電話番号 0920-52-0645
管轄区域 対馬市


年末調整

「年末調整」とは、給与の支払を受ける人それぞれについて、毎月の給料や賞与などの支払の際に源泉徴収をした税額と、その年の給与の総額について納めなければならない税額とを比べて、その過不足額を精算するための手続です。給与所得者は、給与の支払者にあたる勤務先でこの「年末調整」が行われることによって、その年の所得税及び復興特別所得税の納税が完了しますので、改めて確定申告の手続を自らする必要がなくなります。
ただし、その年中の給与の収入金額が2000万円を超える人など、例外的に確定申告をしなければならない人や、最初の住宅ローン控除を受ける人のように、確定申告をしたほうが有利になる人もいます。


サービス付き高齢者向け住宅での飲食提供

消費税の軽減税率の対象にはならないケータリングサービスとは、「相手方が指定した場所において行う役務を伴う飲食料品の提供」のことを指しています。しかし、このような形態に該当する場合であっても、一定の要件を満たす場合には、ケータリングにはあたらず、軽減税率の8パーセントが適用されることがあります。たとえば、高齢者の居住の安定確保に関する法律第6条第1項に規定する登録を受けたサービス付き高齢者向け住宅において、当該サービス付き高齢者向け住宅の設置者又は運営者が、当該サービス付き高齢者向け住宅の入居者に対して行う飲食料品の提供は、軽減税率の適用対象です。


店内飲食と持ち帰り販売の両方を行う場合

店内飲食と持ち帰り販売の両方を行っている飲食店においては、その飲食料品を提供する時点で、店内飲食か持ち帰り販売かを顧客に意思確認を行ってもらうなどの方法により、軽減税率の適用対象になるかどうかを判定することになります。店内飲食の場合には標準税率の10パーセントとなり、持ち帰り販売の場合は軽減税率の適用対象となる飲食料品の販売にあたるために税率は8パーセントとなります。



 


参考リンク




↑ ページの最初に戻る