確定申告

武蔵野税務署の連絡先電話番号・所在地


確定申告とは

所得税の確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までのすべての所得を計算し、納税者みずからが申告・納税するための手続きのことをいいます。この手続きによって、年間の所得税の額が確定しますが、あらかじめ勤務先による源泉徴収または予定納税で支払い済みの額がある場合には、この確定申告を通じて過払いになった税金または不足している税金の精算をすることができます。


ゴールデンウィーク10連休の注意

新天皇即位に伴い、今年のゴールデンウィークの4月27日(土)から5月6日(月)までの期間、武蔵野税務署窓口は閉庁となります。
ただし、この期間内に税金の申告・納付期限がある場合は、10連休明けの5月7日(火)まで期限が延長されます。




税務相談と申告の受付

税務署の閉庁日(土・日曜・祝日、年末年始)は、全国の税務署では相談及び申告書の受付は原則として行っていません。しかし、一部の税務署については、毎年2月から3月にかけての所得税の確定申告期間中に限り、税務署外にある市民会館などの施設に相談及び申告の特設会場を設置したり、閉庁日でも税務相談に応じたりしていることがあります。これらの情報は時期が近くなると国税庁のホームページでも広く案内されます。


マイナンバーカードを持っていない人の本人確認書類

マイナンバーカードを持っていない人は、確定申告における本人確認のための書類として、番号確認書類の写し、身元確認書類の写しの両方を添付する必要があります。
この場合の番号確認書類としては、マイナンバーの通知カード、または、本人のマイナンバーを確認できる住民票の写しなどが該当します。
身元確認書類としては、自動車運転免許証、公的医療保険の被保険者証、旅券(パスポート)、身体障害者手帳、在留カードなどのうちのいずれか1つとなります。


武蔵野税務署の連絡先電話番号・所在地ほか

地図が表示されるまでお待ち下さい
Webサービス by Yahoo! JAPAN
名称 武蔵野税務署
署番号 01197
※ 「法定調書合計表」の右上欄に記載する税務署ごとの番号。
税務署番号 00031790
※ 「納付書(領収済通知書)」の上欄に記載する税務署ごとの番号。銀行で納税の際に使用。
所在地 〒180-8522
東京都武蔵野市吉祥寺本町3丁目27番1号
電話番号 0422-53-1311
管轄区域 武蔵野市、三鷹市、小金井市
備考


年末調整

「年末調整」とは、給与の支払を受ける人それぞれについて、毎月の給料や賞与などの支払の際に源泉徴収をした税額と、その年の給与の総額について納めなければならない税額とを比べて、その過不足額を精算するための手続です。給与所得者は、給与の支払者にあたる勤務先でこの「年末調整」が行われることによって、その年の所得税及び復興特別所得税の納税が完了しますので、改めて確定申告の手続を自らする必要がなくなります。
ただし、その年中の給与の収入金額が2000万円を超える人など、例外的に確定申告をしなければならない人や、最初の住宅ローン控除を受ける人のように、確定申告をしたほうが有利になる人もいます。


申告分離課税の事業所得

所得税の確定申告をするにあたっては、所得の種類によって申告書に記入する欄が違ったり、合算ができなかったり、税率が異なったりすることがありますので注意が必要です。たとえば、事業規模で行う、株式等を譲渡したことによる所得や先物取引に係る所得は、申告分離課税方式が適用される事業所得に当たります。


総合課税の雑所得

所得税の確定申告をするにあたっては、年間の所得が果たしてどのような区分に該当するのかをあらかじめ知っておくことが重要となります。これによって税金の計算方法は大きく異なることがあるので注意が必要です。たとえば、原稿料や講演料、生命保険の年金など他の所得に当てはまらない所得は、総合課税方式が適用されるその他の雑所得に当たります。


確定申告の際のマイナンバーの提示

マイナンバー法の施行に伴い、確定申告書を税務署へ提出するたびに「マイナンバーの記載」と「本人確認書類の提示又は写しの添付」が必要となりました。
マイナンバーカードを持っている人は、マイナンバーカードだけで本人確認(番号確認と身元確認)が可能です。
マイナンバーカードを持っていない人は、番号確認書類(通知カード、マイナンバーの記載がある住民票の写し又は住民票記載事項証明書)と身元確認書類(運転免許証、保険証、パスポート、身体障害者手帳、在留カード等)の両方が必要です。
ただし、確定申告書をインターネット(e-Tax、イータックス)で送信する場合については、本人確認書類の提示又は写しの添付は不要です。



 



所得税の確定申告


所得税の確定申告期間は3月15日まで(郵送は消印有効)です。これ以降の提出は期限後申告となります。
納期限も同じですが、振替納税の場合は4月22日口座引落しとなります。



↑ ページの最初に戻る