確定申告

桜井税務署の連絡先電話番号・所在地


確定申告とは

所得税の確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じたすべての所得の金額と、それに対する所得税の額を納税者みずから計算した上で、すでに会社から源泉徴収されている税額などと比較したときの過不足を精算するための手続きのことをいいます。




医療費控除の提出書類の簡素化

平成29年分の確定申告から、医療費控除を受ける場合の手続きが改正され、一部簡素化されています。
これまで必要だった「医療費の領収書」の提出又は提示が不要となり、その代わりとして「医療費控除の明細書」の提出が必要となりました。
なお「医療費の領収書」は、確定申告の際に税務署に提出する必要はないものの、5年間は自宅で保管する必要があり、疑義が生じた場合にはいつでも確認できるようにしておく必要はあります。
また所定の事項が記載された「医療費通知」(医療費のお知らせなど)を提出する場合は、明細書の記載や領収書の保管を省略することが可能です。


タブレット端末を利用した確定申告書作成の制限

タブレット端末を利用してe-Taxによる申告をしようとする場合には、パソコンの場合には利用可能だった入力データの保存などの一部の機能を利用できないことがあります。原則として、タブレット端末では所得税及び復興特別所得税の確定申告書は作成することができますが、消費税及び地方消費税、贈与税の申告書並びに決算書等の作成はできません。


桜井税務署の連絡先電話番号・所在地ほか

地図が表示されるまでお待ち下さい
Webサービス by Yahoo! JAPAN
名称 桜井税務署
署番号 03407
※ 「法定調書合計表」の右肩などに記載する税務署ごとの番号
所在地 〒633-8555
奈良県桜井市粟殿185の4
電話番号 0744-42-3501
管轄区域 桜井市、宇陀市、磯城郡、山辺郡、宇陀郡


年末調整

「年末調整」とは、給与の支払を受ける人それぞれについて、毎月の給料や賞与などの支払の際に源泉徴収をした税額と、その年の給与の総額について納めなければならない税額とを比べて、その過不足額を精算するための手続です。給与所得者は、給与の支払者にあたる勤務先でこの「年末調整」が行われることによって、その年の所得税及び復興特別所得税の納税が完了しますので、改めて確定申告の手続を自らする必要がなくなります。
ただし、その年中の給与の収入金額が2000万円を超える人など、例外的に確定申告をしなければならない人や、最初の住宅ローン控除を受ける人のように、確定申告をしたほうが有利になる人もいます。


コンビニ弁当と軽減税率

コンビニエンスストアで持ち帰りとして販売さけれている弁当は、事業者が顧客に店内の飲食設備において飲食させるサービスを提供するものではなく、単に飲食料品を販売するものという解釈から、消費税の軽減税率が適用されない「外食」にはあたらず、8パーセントの軽減税率の適用対象となります。ただし、店内に設置されたイートインスペースにおいて飲食させるサービスを提供するとみなされる場合は、「外食」にあたり、標準税率の10パーセントの適用対象となります。


飲食料品の譲渡に含まれないもの

消費税の軽減税率の判定にあたって、その対象である飲食料品の譲渡に含まれない場合がいくつかあります。食品衛生法施行令に規定する飲食店営業及び喫茶店営業並びにその他の飲食料品をその場で飲食させる事業を営む者が行う食事の提供、いわゆる「外食」であったり、相手方の指定した場所において行う加熱、調理又は給仕等の役務を伴う飲食料品の提供、いわゆる「ケータリング」などはその典型的な事例となります。



 


参考リンク




↑ ページの最初に戻る