確定申告

大河原税務署の連絡先電話番号・所在地



確定申告とは

確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた全ての所得の金額とそれに対する所得税及び復興特別所得税の額を計算し、申告期限までに確定申告書を税務署に提出して、源泉徴収された税金や予定納税によって納めた税金などとの過不足を精算する手続きのことです。



FXによる損失の繰越控除

店頭FX(外国為替証拠金取引)で損失が発生した場合、損益通算を行ってもまだ損失が残るようであれば、翌年以後の3年間に渡って、店頭FXその他の取引所先物取引等により発生した利益から、これらの損失額を控除することができます。このような先物取引等にかかる損失の繰越控除の適用を受けるためには、損失が発生した年から継続して確定申告を行う必要があります。したがって、利益がなかったからといって確定申告をしないではなく、かえって確定申告をすることによってメリットが受けられる場合があり得ます。


確定申告書等作成コーナーの活用

国税庁ホームページのなかには「確定申告書等作成コーナー」があります。このページを使えば、画面の案内に従って金額や費目などを入力するだけで、申告書や決算書等をかんたんに作成することができます。また、作成したデータを印刷して税務署に書面で提出できるほか、「e-Tax(国税電子申告・納税システム)」を利用してインターネットで自宅や会社の事務所などから送信することもできます。


大河原税務署の連絡先電話番号・所在地ほか


名称 大河原税務署
署番号 05119
※ 「法定調書合計表」の右上欄に記載する税務署ごとの番号。
税務署番号 00039171
※ 「納付書(領収済通知書)」の上欄に記載する税務署ごとの番号。銀行で納税の際に使用。
所在地 〒989-1201
宮城県柴田郡大河原町大谷字末広12の1番地
電話番号 0224-52-2202
管轄区域 白石市、角田市、刈田郡、柴田郡、伊具郡
備考


確定申告の際のマイナンバーの提示

マイナンバー法の施行に伴い、確定申告書を税務署へ提出するたびに「マイナンバーの記載」と「本人確認書類の提示又は写しの添付」が必要となりました。
マイナンバーカードを持っている人は、マイナンバーカードだけで本人確認(番号確認と身元確認)が可能です。
マイナンバーカードを持っていない人は、番号確認書類(通知カード、マイナンバーの記載がある住民票の写し又は住民票記載事項証明書)と身元確認書類(運転免許証、保険証、パスポート、身体障害者手帳、在留カード等)の両方が必要です。
ただし、確定申告書をインターネット(e-Tax、イータックス)で送信する場合については、本人確認書類の提示又は写しの添付は不要です。



 



確定申告とマイナンバー


マイナンバー法の施行に伴い、確定申告書を税務署へ提出するたびに「マイナンバーの記載」と「本人確認書類の提示又は写しの添付」が必要となりました。



↑ ページの最初に戻る