確定申告

下関税務署の連絡先電話番号・所在地



確定申告とは

所得税及び復興特別所得税の確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得の金額のすべてと、これらの所得に対する所得税と復興特別所得税の税額を計算し、あらかじめ定められた申告期限までに税務署に申告書を提出して、既に源泉徴収されている税金や予定納税により納付した税金との過不足を精算する手続のことをいいます。



申告分離課税の事業所得

所得税の確定申告をするにあたっては、年間の所得が果たしてどのような区分に該当するのかをあらかじめ知っておくことが重要となります。これによって税金の計算方法は大きく異なることがあるので注意が必要です。事業規模で行う、株式等を譲渡したことによる所得や先物取引に係る所得は、事業所得に当たりますが、この場合には特に申告分離課税方式が適用されています。


公的年金等に係る雑所得のみの人の確定申告

公的年金等に係る雑所得の金額から所得控除を差し引いた結果に残額がある人は、確定申告が必要となります。
ただし、公的年金等の収入金額が400万円以下であり、かつ、その公的年金等の全部が源泉徴収の対象となる場合において、公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下である場合には、所得税及び復興特別所得税の確定申告は必要ありません。


下関税務署の連絡先電話番号・所在地ほか


名称 下関税務署
署番号 08215
※ 「法定調書合計表」の右上欄に記載する税務署ごとの番号。
税務署番号 00045458
※ 「納付書(領収済通知書)」の上欄に記載する税務署ごとの番号。銀行で納税の際に使用。
所在地 〒750-0025
山口県下関市竹崎町4丁目6番1号
電話番号 083-222-3441
管轄区域 下関市
備考


確定申告の際のマイナンバーの提示

マイナンバー法の施行に伴い、確定申告書を税務署へ提出するたびに「マイナンバーの記載」と「本人確認書類の提示又は写しの添付」が必要となりました。
マイナンバーカードを持っている人は、マイナンバーカードだけで本人確認(番号確認と身元確認)が可能です。
マイナンバーカードを持っていない人は、番号確認書類(通知カード、マイナンバーの記載がある住民票の写し又は住民票記載事項証明書)と身元確認書類(運転免許証、保険証、パスポート、身体障害者手帳、在留カード等)の両方が必要です。
ただし、確定申告書をインターネット(e-Tax、イータックス)で送信する場合については、本人確認書類の提示又は写しの添付は不要です。



 



確定申告とマイナンバー


マイナンバー法の施行に伴い、確定申告書を税務署へ提出するたびに「マイナンバーの記載」と「本人確認書類の提示又は写しの添付」が必要となりました。



↑ ページの最初に戻る